[書評]「マンガ 最高の戦略教科書 孫子」を読んでチームのコミニュケーション力を改善しよう

こんにちは!ごまぞう(@gomazou02110203)です。

今回は「マンガ 最高の戦略教科書 孫子」を読みました。

この本は、「古代の兵法書である孫子を現代ビジネスに応用するヒントが学べる内容」になっています。

例えば

✎マンガでざっくり孫子を理解したい。

✎仕事での人間関係で悩みがある。

✎活字だけの本は苦手

そんなあなたにオススメできる本です。

マンガが面白いから楽しく読めますよ

本の概要

マンガ 最高の戦略教科書 孫子」は2019年4月24日に発売された書籍です。

157ページの本で、漫画なのですらすら読めて私は2時間で読み終わりました。

内容を簡単に説明すると

✎ネット企業「アミオ」は5年前に2人で始まった会社で、現在は東証1部上場、社員数1万人の大会社に成長した。

その1万人の組織で起こる人間関係の問題を、「特命課 孫武 七子」が孫子の兵法を用いて解決していく物語です。

主要な登場人物はみんな女性です。

登場人物紹介

孫武 七子(本作の主人公)

ネット企業「アミオ」の庶務特命課課長

沢村 栄子

商品開発部 第二開発課係長

宮部 美保

広報部メディア・プロモーション2課リーダー

椎名 奈美恵

人事総務部長

出川 史織

システム開発部プロジェクトマネージャー

著者の紹介

守屋 淳(もりや・あつし)

中国古典研究科。

1965年、東京都生まれ

早稲田大学第一文学部卒。大手書店勤務を経て、現在は中国古典、主に「孫子」「論語」「老子」「荘子」「三国志」などの知恵を現代にどのように活かすかをテーマとした執筆や企業での研修・公演を行う。著書に「最高の戦略教科書 孫子」「nbb 孫子・戦略・クラウゼヴィッツ」「現代語訳 論語と算盤」など多数。

作画

anco

まんが家、イラストレーター。

デザイン専門学校在学中より作家活動を始め、企業広告やビジネスコミックを中心に、マンガ・イラストの制作を行う。作画を担当したおもなビジネスコミックに「コミック版初めての課長の教科書」「マンガでざっくり学ぶプログラミング」がある。

 

シナリオ

星野 卓也(ほしの・たくや)

脚本家。日本経済大学経営学部准教授。

日本大学芸術学部卒業後、「ウルトラマン」シリーズの脚本でシナリオライターデビュー。テレビドラマ執筆の傍ら、番組構成を担当したテレビショッピングで、担当商品を30分で話題に。その後、エイベックス・グループホールディングス映像制作部門にて、映画の企画開発、テレビドラマをプロデュース。マーケティング部門にて、アーティスト・マーケティング、ソーシャルメディア・マーケティングを担当。独立後、コンサルタントとして「企業のブランディング」及び「コンセプトデザイン」「商品開発」などを手掛け、現職。

守屋さんが書いた本を星野さんが脚本して、ancoさんがマンガを書いた作品なんですね

目次を紹介

目次は下記のようになってます。

目次

第1章 「上司」に負けない

第2章 「同僚」に負けない

第3章 「部下」に負けない

第4章 「取引先」に負けない

各章の最後には孫子を詳しく解説するコラムがあるので、理解が深まります。孫子の著者である孫武についても簡単に解説してくれていますよ

「マンガ 最高の戦略教科書 孫子」で学んだこと

マンガ 最高の戦略教科書 孫子」では現代のビジネスで活用できる知恵がたくさん書かれています。

その中で私が一番ためになったのは「ライバルを味方に引き入れれば自分の負けはなくなる」の解説です。

簡単に紹介します。

✎「必ず全きを以って天下に争う」、現代語で訳すと相手を傷めつけず、無傷のまま味方に引き入れて、天下に覇をとなえるという意味です。

孫子が活躍していた時代は、負けたらやり直しのきかない戦国時代でした。ライバルのたくさんいる中では漁夫の利を狙う第三者がいるので、戦争ばかり繰り返していては生き残りにくくなってしまいます。

そこで、孫子は敵対する勢力には政治・外交で「戦わずにして傘下に収めること」を目指して行動せよと説きます。

ここで、著者は三国志の英雄「曹操」が活用した方法を紹介します。

三国志は黄巾の乱から始まりますが、他の英雄たちがひたすら黄巾軍を叩き続けるなかで、曹操はひとり、黄巾の残党と和睦し、彼らを自分の配下に迎え入れました。その後、曹操は最大勢力を築くことになります。

孫子の考えとして戦争は最終手段で、可能な限り政治・外交を駆使することで敵を味方に引き入れることが最善と書かれています。

現代で言えば、M&Aで既存のライバル勢力を味方に加えることですね。

「マンガ 最高の戦略教科書 孫子」の感想[書評]

実はこの漫画本の原作も持っています。

が、私が活字だけの本が苦手で半分程で中断してしまいました。(本の内容はとても面白いです!

こちらの「マンガ 最高の戦略教科書 孫子」は守屋さんの原作をベースにオリジナルのストーリーで、ancoさんの素敵なイラストでマンガとしても面白い教養書になっています。

孫子を実際のビジネスに応用するときのヒントが沢山紹介されているので、実践しやすいと思います。

また、マンガでは女性が主に大活躍しています。

ビジネス本で、女性が主体の本って珍しいですがそれがまた新鮮です。

こちらを先に読んでおくと、守屋さんの原作も頭に入りやすくなるのではと個人的に思います。

さらに、三国志や史記などの中国古典が好きな方が楽しめるようなコラムもあるので必見です。一度読んで見て下さい。

私は守屋さんの「最高の戦略教科書 孫子」をもう一度読んでみようと思いますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です