[2級土木]施工計画について | ごまぞうブログ  

[2級土木]施工計画について

令和元年度2級土木施工管理技術検定学科試験(後期)№47

施工計画に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)環境保全計画は、法規に基づく規制基準に適合するように計画することが主な内容である。

(2)事前調査は、契約条件・設計図書を検討し、現地調査が主な内容である。

(3)調達計画は、労務計画、資材計画、安全衛生計画が主な内容である。

(4)品質管理計画は、設計図書に基づく規格値内に収まるよう計画することが主な内容である。

答えは(3)!

解説

(3)が間違いです。安全衛生計画は調達計画にはあてはまりません。安全衛生計画はその名のとおり、安全計画であり工事で事故を起こさないよう計画することです。

平成30年度2級土木施工管理技術検定学科試験(後期)№47

施工計画に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)調達計画には、機械の種別、台数などの機械計画、資材計画がある。

(2)現場条件の事前調査には、近接施設への騒音振動の影響などの調査がある。

(3)契約条件の事前調査には、設計図書の内容、地質などの調査がある。

(4)仮設備計画には、材料置き場、占用地下埋設物、土留め工などの仮設備の設計計画がある。

答えは(4)!

解説

(4)が間違いです。仮設備計画には占用地下埋設物は含まれません。仮設備とは工事目的物を完成させるために必要な足場等の準備設備のことで、原則として完成時には撤去されます。占用地下埋設物とは道路の下に埋設されている水道管、ガス管などのことです。工事の掘削作業が原因で損傷がないよう事前に各業者と立会して位置を確認する必要があります。

平成29年度2級土木施工管理技術検定 第2回 学科試験問題 №47

施工計画に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)環境保全計画は、法規に基づく規制基準に適合するように計画することが主な内容である。

(2)事前調査は、契約条件・設計図書を検討し、現地調査が主な内容である。

(3)調達計画は、労務計画、資材計画、機械計画が主な内容である。

(4)仮設備計画は、仮設備の設計、仮設備の配置、品質管理計画が主な内容である。

答えは(4)!

解説

(4)の仮設備計画に品質管理は含まれないです。
品質管理とは、工事で造るものが所定の品質を満足できるように管理することです。
例えば、コンクリートでも強度が30N欲しいのに業者がお金をケチって24N分の材料で施工したとする。
セメントや混和材を減らすことで材料費が安くなるからね。
そんな不正が無いように、工事業者は発注者へ沢山証拠書類を提出しなければならないんだよ。

まとめ

今回は、施工計画について解説しました。
まとめと補足です。
まとめと補足

・施工計画とは工事の目的物を安く・早く・良い品質で・安全に・環境に配慮して造るためにのものである。

・土木工事は現場条件に大きく左右されるので、発注のときの契約条件、設計の考え方を確認すること。もし、現地と設計図書に大きく違いがある場合は、発注者と協議を行うこと。

・下請契約の請負金額の合計金額が4000万円以上となる場合は、施工体制台帳を作成する。(建設業法第24条の7第1項)

・指定仮設とは設計図書に工種、数量、方法が規定されていて契約変更の対象になる。

・任意仮設とは施工業者の企業努力で設けるものであり、契約変更の対象にならない。(発注者との協議によっては設計変更の場合あり)

なるだけ小難しい言葉を使わないようにしてみたけど理解してもらえたでしょうか。
実務でも使うような考え方を中心に解説してみたので、繰り返し問題を解いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です