[2級土木]施工体制台帳について

令和元年度 2級土木施工管理技術検定学科試験(後期)№48

公共工事において建設業者が作成する施工体制台帳及び施工体系図に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)施工体制台帳は、下請負人の商号又は名称などを記載し、作成しなければならない。

(2)施工体系図は、変更があった場合には、工事完成検査までに変更を行わなければならない。

(3)施工体系図は、工事関係者及び公衆が見やすい場所に掲げなければならない。

(4)施工体制台帳は、その写しを発注者に提出しなければならない。

答えは(2)!

解説

(2)は変更があるたびに、発注者へ提出が必要です。施工体系図のサンプルを下記に貼り付けておきます。各下請負人の施工分担関係がわかるように記載してあり、公衆の見えるところ→例えば道路際などに掲示します。

Greenfile.workより抜粋

平成30年度 2級土木施工管理技術検定学科試験(前期) №47

施工体制台帳の作成に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

(1)公共工事を受注した元請負人が下請契約を締結したときは、その金額にかかわらず施工の分担がわかるよう施工体制台帳を作成しなければならない。

(2)施工体制台帳には、下請負人の商号又は名称、工事の内容及び工期、技術者の氏名などについて記載する必要がある。

(3)受注者は、発注者から工事現場の施工体制が施工体制台帳の記載に合致しているかどうかの点検を求められたときは、これを受けることとを拒んではならない。

(4)施工体制台帳の作成を義務付けれられた元請負人は、その写しを下請負人に提出しなければならない。

答えは(4)!

解説

なぜ、施工体制台帳を作成しなければいけないのか説明するね。

(4)は写しを提出するのは、下請負人じゃなくて発注者だよね。下請業者とは契約書を取り交わしてお互いに保存します。
施工体制台帳を作成する理由

・建設業違反や不良業者の参入を防ぐ

・重層下請、一括下請負を防ぐ

元請から仕事を請けた会社は1次下請、1次下請けから仕事を請けた会社は2次下請け……このような関係を重層下請といいます。
よくニュースで子会社とか孫会社とか聞くと思うけどそのことです。
建設業を営む会社は建設業許可というライセンスが必要です。
例えば、現場で足場を立てたり、重機で掘削するなどの作業です。
不良業者とは、建設業許可を持っていない業者のことで当然施工をすることはできません。
無免許で車を乗ることはできませんよね?
ましてや、インフラ設備は国民の皆さんが使うものですからきちんと資格を持った会社に施工をしてもらおうということです。
私も聞いたことある!重層下請はよくないことなの?
決してそんなことないよ。
ただ、中には悪い業者がいて仕事を請けたのに現場に来ないで2次、3次下請けに仕事を任せっぱなしの業者がいるんだ。業者が増えれば増えるほどコストが増加します。仕事しない会社がいるばっかりに余分なお金がかかってしまうんだ。
管理費はいただいていくぜ

一括下請も同じようなもので、工事を請けたのに他の会社に任せっぱなしにすることなんだ。
仕事を依頼する側としては、その会社の実績や評判で選んだのに他の会社任せじゃ腑に落ちないよね。そんなことを防止するために施工体制台帳があります。

まとめ

今回は施工体制台帳について解説しました。
まとめと補足です。

まとめと補足

・施工体制台帳の写しを発注者に提出する。(変更があれば都度提出)

・施工体系図は公衆の見やすい場所に掲示する。

・発注者から請求があれば施工体制台帳を見せなければならない。

・安易な重層下請、一括下請けはダメ!絶対。

出題率も高い分野なので、わからないときはもう一度最初から見てみてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です